10/10 野坂昭如

今日は10/10が誕生日の野坂昭如さんについて書かせていただきます。

スタジオジブリの『火垂るの墓』はご存知でしょうか?この『火垂るの墓』は野坂昭如さん自身の戦争原体験を題材にした短編小説をアニメ映画化したものです。今回は書籍ではなく、ジブリ映画の『火垂るの墓』を取り上げますが、沖縄の翁長市長が8月に亡くなり、また今年で平成が終わるということもあり、改めて平和への想い、願いを込めてこの作品について掘り下げていきたいと思います。

『火垂るの墓』は、兵庫県神戸市と西宮市近郊が舞台で、戦火の下親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするものの、その思い叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語になります。

はじめて『火垂るの墓』を見た時は衝撃でした。この悲劇で終わるという内容が戦争の生々しさを際立たせます。また同じジブリ作品の『となりのトトロ』は『火垂るの墓』の十数年後の出来事で、たったこれだけの時差で、これほどまでに迎える人生が変わってしまうのかと思うと、より戦争の悲惨さを感じずにはいられません。

今でもどこかで貧困や戦争に苦しんでいる人たちがいる中で、平和に暮らせていることがどれだけ貴重か、真に考え、感謝しなければならないと思いました。太平洋戦争自体は1945年に終結した過去の出来事ではありますが、戦争そのものは今でも世界のあちこちで起こっています。また、この先、戦争を起こさないよう、平和を強く願いたいです。

平成を振り返れば反省すべき点は多々あり、まだまだ解決しなければならない問題もたくさんあるのは事実です。新しい元号を迎えるにあたり、戦争のない、平和で穏やかな日本であり、世界にも平和が広がって欲しいと願います。

9/2 林修

今日は9/2生まれの林修について書かせていただきます。

林修は東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師で、またワタナベエンターテイメント所属のタレントでもあります。現在は『ネプリーグ』『林修の今でしょ!講座』『林先生が驚く初耳学!』などのテレビ番組に出演しており、テレビで見ない日はほとんどないほどではないでしょうか。

夏休み、祖母の家に行ったときもテレビで林修を見ました。祖母は「この人は最近よく見るタレント。池上彰みたいなものか?」と聞かれたので、予備校の先生をやりながらテレビに出ている人だと説明しました。祖母みたいにタレントのイメージを持っている方がいるかもしれませんが、東進ハイスクールのテレビCM「いつやるか? 今でしょ!」が流行語大賞に選ばれ、それからタレントとしても活躍するようになりました。なお、林修の担当は現代文。卒業生の東大の元生徒たちと一緒にテストの採点や勉強の話をすることもあるらしいです。さらに、今の姿からは想像できないですが、体重100kgオーバーしていた時期があったようです。

今回読んだ本は流行語大賞にも選ばれた「いつやるか? 今でしょ! 」がタイトルになった書籍。現代文の講師をされているだけあり、とても読みやすく、あっという間に読んでしまいました。どちらかと言えば自己啓発本になると思いますが、改めて今の自分を振り返りながら読むと「そうだよなぁ」と思うところがいくつかありました。

実は地元に林修が講演に来たとき、私はその講演に行ったのですが、その時のことを少し思い出しました。やや小走り気味に登壇し、どのように国語を解けばいいのかを60分間講演。話はわかりやすく、どこかいい意味で先生らしくない雰囲気が印象的でした。林修は家庭教師のアルバイト、塾講師のアルバイトを経験し、その指導力を買われ予備校講師になりました。「勝てる場所で誰よりも努力すること」だそうで、講演でも言っていたような気がします。

この本は、これから受験を迎える学生さんが読むといいと思います。
今後も林修の活躍に目が離せませんね。

8/11 手塚 眞

今日は手塚眞について書かせていただきます。

この名前を聞いたときにピンときた人も多いかもしれません。この方は漫画の神様・手塚治虫の息子です。私はこのブログを書くために調べて知り、衝撃を受けました。というのも、私は科学も興味があり、NHKの『サイエンスZERO』をちょいちょい視聴しているのですが、手塚眞は『サイエンスZERO』のコメンテーターを務めていたそうです。(知らなかったー!!というか意識してみたこと無かったー!!)

手塚眞はヴィジュアリストという肩書きで、現在は有限会社ネオンテトラ代表取締役、株式会社手塚プロダクション取締役を務めており、映画やドキュメンタリーの監督・演出を手掛けているそうです。また、テレビアニメの『ブラック・ジャック』の監督も務めていたそうで、テレビアニメは時間が合えば視聴していました。

手塚眞は作家じゃないので扱うのはどうかな・・と思ったのですが、バックボーンのお父さんの存在が大きいので、ここからは手塚治虫にシフトします。

手塚治虫の代表作と言えば、『鉄腕アトム』『火の鳥』『リボンの騎士』『ブラック・ジャック』などがありますが、この中の『ブラック・ジャック』は思い入れがあります。私の通っていた小学校の図書室に『ブラック・ジャック』が置いてあり、小学校の図書室にある数少ない漫画の一つでした。(『はだしのゲン』もありましたが、『ブラック・ジャック』以上にグロテスクな表現が多くて全巻読破できないまま卒業。その後読む機会が無いまま今に至ります。このブログをきっかけに読んでみようかな?)

手術シーンなどグロテスクな表現が多かったのが印象に残っています。また、ストーリーも小学生にはちょと難しい部分もあったのですが、ピノコの存在やギャグに笑い、ところどころ垣間見える人情の部分に胸打たれ、わからないながらも手塚治虫が伝えようと思って描かれたメッセージを感じ取っていたのは確か-。今改めて読むと別の発見がありそうです。

手塚治虫の漫画は全集になっていますが400冊もあるそうで!私の住むマンションはすでに蔵書が溢れており、残念ながら全集を置くスペースがありません。今持っている蔵書も整理したいけど手放したくない、リフォームしかないかな・・と思っています。リフォームするお金も予定はないけど、間取りはちょっと興味があるので調べてみると『マンションカッテにプランニング』という、趣味でマンションのリフォーム間取りを考えているサイトを見つけました。

と、話が逸れてしまいました。全集を買わなくても図書館に置いてあることが多いので、図書館で予約してみてはいかがでしょうか。宝塚市にある手塚治虫記念館では手塚作品を読めるそうで、そこに行くのもいいかもしれません。

7/12 荒俣宏

荒俣宏(1947年7月12日-)について書こうと思います。

荒俣宏をご存知でしょうか?試しに後輩に聞くと「テレビで見るおじさん」だそう(苦笑)私の認識する荒俣宏は「タレントとしての一面を持ち合わせる妖怪や民俗学を研究している博物学者」です。世界妖怪協会の会員で、荒俣宏の名が出れば水木しげるも出てくるあなたは通ですねぇ。

みなさんは「妖怪の本」と言えば何が思いつきますか?妖怪といえば水木しげる。水木しげるといえば「ゲゲゲの鬼太郎」を連想するのではないでしょうか。荒俣宏は水木しげるを師と仰いでおり、2005年~2006年には川崎市で水木しげるの人と作品の魅力について触れた「大(Oh!)水木しげる展 なまけものになりなさい」の監修を行っています。荒俣宏自身も「荒俣宏妖怪探偵団 ニッポン見聞録」「日本妖怪巡礼団」などの本を著しており、「妖怪の本」=荒俣宏を連想する人もいるかもしれませんね。先に挙げた本はいろいろな場所を旅しながら妖怪について触れていくという内容で、オカルトや歴史に興味がある人にはとても面白いものだと思います。

京都は歴史が古いので、今でも街の隅に妖怪が出てもあまり違和感がありませんが(あくまでも私の個人的意見です)しかし、荒俣宏の本で都内に妖怪スポットが多いのを知って意外でした。しかしですよ。妖怪って本当にいるんでしょうか?科学と文明が進化した今、妖怪は今も存在するのか?これも個人的な意見で根拠は一切ないのですが、自然や野生動物と同じく、妖怪も絶滅の危機にあるのではなかろうかと。妖怪も自然と同じで、大切にしないと消えてなくなってしまう・・というのが私の持論です。

神社や寺にお参りに行かれる方は多いと思いますが、実はこのことと妖怪には深い関係があります。人々に幸福をもたらしてくれる超越的な存在を神や仏と崇め、人々に災いをもたらす超越的な存在を妖怪とする。ハレとケを具現化したのが神と妖怪。でもね、水木しげるの「河童の三平」なんか読むと、人間には人間社会があり、河童には河童の世界がある。ただそれだけ。ハレとかケとか、そういう区別はナンセンスというか、今でいうところの「多様性」「ダイバーシティ」的な(笑)もしかしたらハレとケのような考えは差別に通じるのかも?

と、荒俣宏から妖怪を通じて多様性やダイバーシティへ話が飛躍しましたが、このブログはそんなカンジですすみます。また次回もお楽しみに。

自己紹介

はじめまして
読書が好きなsatoruと申します。

このブログを作ったきっかけは、書店で見たバースデー文庫。しかし!このブログはバースデー文庫を買って読んでレビューするのではなく、ブログを書く日に生まれた作家を調べて、その作家の本などをレビューします。

→ブログを書く当日に作家を調べて本を読んで~というのはちょっと大変なので、月末に「来月誕生日の作家」をある程度ピックアップして、本を読んで、作家の誕生日当日にUPすることにしました。